Skip to content

置くだけ簡単なWifiルーターの設置

Wifiルーターの導入は、設置の他に配線や設定など、何かと手間があるというのが一般的な認識です。

確かにそれは間違いではありませんが、近年は使い勝手の改良によって、以前よりもハードルがだいぶ下がっています。従来のインターネット環境をWifiにすると、ごちゃごちゃとしている回線がスッキリします。更に、ルーターの設置面積は小さく1台で複数の端末と繋がりますから、既存の複数の通信機器がスッキリと置き換えられる可能性があります。Wifi環境を整備する時は、設置するだけでほぼ完了するような、比較的新しい機器を選択するのがおすすめです。

完全に全自動とはいきませんが、僅か数ステップの手順を踏むだけで、面倒な手間を回避することができます。ほとんど設置するのみというイメージなので、Wifiルーターは導入しやすい新しい製品が狙い目です。Wifiルーターを設置する場合は、コンセントの近くで棚の上が、置きやすさや使用において最適です。モバイルルーターでない限りは、機器の使用にコンセントが不可欠ですから、必然的に電源の近くを選ぶことになります。

棚の上が向いている理由は、床よりも電波が遠くに届きやすくなって、機器本来の通信速度が発揮できるようになることです。モバイルルーターに近い据え置きタイプのルーターなら、機器を置いていくつかの設定をするだけで、その日のうちに無線でインターネットが始められます。固定回線の導入とは違い工事は不要なので、日程の日取りを決めたり、当日自宅で待機したり立ち会うことが不要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *