Skip to content

Wifiの設置に不向きな場所

今や会社だけではなく一般家庭にも広くパソコンが普及している時代になりました。

インターネットを各部屋で楽しむために無線通信を可能にしているWifiルーターを設置されている方も大勢いらっしゃることでしょう。このWifiの電波には特性があり、ルーターを設置する場所によっては100%の性能を出しききれない場合があります。Wifiルーターに用いられている電波は電磁波で、世界共通のIEEE8.02またはIEEE8.01という規格です。

この電磁波は家庭用電子レンジやテレビと同じであり、ルーターを設置する際はこれらの機器がある場所には向きません。また金属を透過する性質もなく、これらが近くにある場所でパソコンを用いて無線通信を行うとデータ通信速度が急激に弱まりストリーミング形式の映画を見るのに不自由を感じるものです。ルーターを設置する際の理想的な環境は、設置場所から最大でも10m範囲の場所でパソコンを用いてキッチン等の電磁波を発しない機器が近くにないところといえます。

また屋外からの電波の干渉も大きく影響があるため、窓際などにも置くのは向かない機器です。どうしてもご自宅の事情でこれら周辺にしか置けないという時は、中継器と呼ばれる電波増幅装置を使用するパソコンやタブレット端末の間に置いて電波が弱まるのを防ぐことで、快適に機器が定めている最大通信速度を維持しながらインターネットを行うことが可能になります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *