Skip to content

Wifiの通信速度について

光ファイバー通信網のインフラ整備とプロバイダー間の速度と価格競争のおかげで、日本では他国に比べて高い通信速度のインターネット環境を安価で利用することができます。

屋外では携帯電話会社の4Gによる通信網や公衆Wifiによって、屋内の家庭やオフィスでは光ファイバーとブロードバンドルーターによってネット環境が構築されます。スマートホンやタブレット端末はひとりに一台の普及率であるので、これらのデバイスを接続するためには有線でなくて無線によるWifi接続となります。インターネットサービスプロバイダーとの契約は、従来までは速度が200Mbpsが主流でしたが、1Gbpsのサービスを提供する業者もあって、100パーセント活かすためには宅内の通信環境をそれに準じた性能とすることが求められます。

Wifiの通信速度を決定する規格にはさまざまのものがあって、周波数や伝送方式で分類されます。高速通信を求めるのならば、周波数は従来の2.4GHzではなくて5GHZとし、伝送方式も従来のIEEE802.11bやIEEE802.11gではなくて11nや11acを採用することが推奨されます。2.4GHzを用いる機器はかなり普及しているので、集合住宅などでは他の家庭の機器と混信してしまい通信速度が低下します。

これに対して5GHZであればそのような心配はなくなります。また、巨大なファイルや高精細な動画を取り扱うのであればIEEE802.11nや11acであれば、ストレス無く送受信ができるようになります。高速インターネット通信には、上流のプロバイダー側だけでなく家庭やオフィスのWifi機器などの通信速度にも注目して、高速で安定したセキュリティの高い仕様とすることが必要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *