Skip to content

Wifiルーター設置のポイント

無線機器のWifiルーターは設置する場所によって通信速度が変わるので、最適な場所を探すことが大切です。

当然ですが、無線機器は他の無線の影響を受けますから、それを念頭に場所を考えることになります。高周波を利用する電子レンジは、Wifiの電波と干渉することがあるので、電子レンジの近くに設置するのはご法度です。電子レンジの電磁波は外部に漏れにくくなっていますが、それでも完全には防げないので注意が必要です。

Wifiルーターは床置きも禁物で、端末の性能が発揮されなくなる恐れがあることから、なるべく高い場所を選ぶのが重要です。床置きがNGな理由としては、電波が床に反射して上手く広がらず、電波強度が落ちてしまうことです。その為、床に直接設置するのではなく、台などの上において電波の拡散を行うのが望ましいといえます。部屋の角も電波の広がりに適さないので、できるだけ部屋の中心で最適なポイントを見つける必要があります。

ルーターを始めとして、Wifi機器は設置する高さがポイントになってきます。障害物の影響を受けにくく、理想的な通信速度を引き出せる高さは、大体1mから2mといわれています。高さによっては数十倍の速度差が生じますから、たかが高さと油断しないことが肝心です。意外なことに、水槽の近くもWifiルーターの設置には不向きで、水が電波の進行を遮り速度低下を招きます。金属に限らず、プラスチックや木製のものも厚みがあると電波の妨げになるので、棚の中も避けるのがベストです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *